過払い金に強いかどうか

ホームページをチェックすべての弁護士が借金の過払い金問題に強いわけではありませんし、ほとんど手がけたことがないという弁護士も大勢います。弁護士は法律に関わるあらゆる業務を行うことができますが、だからといって日頃からあらゆる業務をしている弁護士というのは稀です。弁護士によって専門とする分野、得意としている業務などがありますから、そこをまずは理解しましょう。

そう考えると過払い金問題を解決してもらうには借金問題に強い弁護士、過払い金請求の実績が豊富な弁護士に相談、依頼するというのがもっともベストな選択となります。

法律事務所によっては大々的に過払い金請求の代行をするとアピールしているところもありますし、過払い金請求を手掛けることで知名度を高めたような法律事務所もあります。こうした事務所なら比較的安心かもしれません。基本的に借金問題全般に強い弁護士なら過払い金請求についても難なく行ってくれるでしょうし、きちんと話も聞いてもらえるでしょう。現在では個人で活動している弁護士もインターネット上に公式ホームページを運営していますから、いくつかの法律事務所や弁護士のホームページをチェックして何が得意なのかを確認してみましょう。

過払い金を知る

過払い金が発生している場合だとすでに借金が完済している可能性がありますし、多く支払い過ぎている可能性もありますからお金が戻ってくることも考えられます。ただ、これは複雑な計算もしなくてはなりませんし、自分ではなかなか判断もしにくい部分でしょう。

相談そこで弁護士への相談をおススメします。弁護士に過払い金について相談すれば自分の借金がどのような状況なのかきちんと把握してくれますし、分かりやすく説明してくれます。本当に過払い金が発生しているのなら今後どうすればいいのかについてもアドバイスをしてくれるでしょう。

過払い金についてしっかりとレクチャーしてくれるでしょうし、今後の具体策についても述べてくれるでしょうからまずは弁護士に相談するということが先決です。相談したうえで過払い金が発生していることが分かれば業者に過払い金請求をしていくことになるでしょう。この過払い金請求も自分で行うことはできるにはできますが、基本おススメはできません。法律にも金融にも疎い素人がやったところで相手にされない可能性がありますから、スペシャリストである弁護士にお任せてしてしまうのがもっとも賢明な判断と言えるでしょう。まずは相談してください。

借金過払い金問題

グレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、これは民事上は無効であるにも関わらず刑事罰が科せられることのない金利で、グレーなゾーンにある金利のためこのように呼ばれています。クレジットカード会社や消費者金融などがこのグレーゾーン金利を用いて利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきたわけですが、現在ではグレーゾーン金利もなくなったため払いすぎた利息を返してもらうことができます

弁護士これがいわゆる過払い金と呼ばれるものです。大手の法律事務所などが借金の過払い金問題に取り組んでいましたし、大々的にテレビコマーシャルなども放映していましたから知っている方もおられるかもしれません。長きに渡って借金を返済し続けているという方の中には過払い金が発生している可能性がありますし、もしかするともう返済をしなくてもいい可能性もあります。2008年12月以前に借金したことがある方、借金の完済から10年以内という方は過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金が発生しているかもしれない、という場合にどのような行動をとればいいのでしょうか。自分で貸金業者のところに行って交渉する、というのはNGです。基本は弁護士に相談して解決してもらうことになるでしょう。このサイトでは過払い金問題を弁護士に相談するメリットや、依頼する弁護士の見極め方などについてお話しますからぜひ今後のために目を通してください。