借金過払い金問題

グレーゾーン金利という言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、これは民事上は無効であるにも関わらず刑事罰が科せられることのない金利で、グレーなゾーンにある金利のためこのように呼ばれています。クレジットカード会社や消費者金融などがこのグレーゾーン金利を用いて利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきたわけですが、現在ではグレーゾーン金利もなくなったため払いすぎた利息を返してもらうことができます

弁護士これがいわゆる過払い金と呼ばれるものです。大手の法律事務所などが借金の過払い金問題に取り組んでいましたし、大々的にテレビコマーシャルなども放映していましたから知っている方もおられるかもしれません。長きに渡って借金を返済し続けているという方の中には過払い金が発生している可能性がありますし、もしかするともう返済をしなくてもいい可能性もあります。2008年12月以前に借金したことがある方、借金の完済から10年以内という方は過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金が発生しているかもしれない、という場合にどのような行動をとればいいのでしょうか。自分で貸金業者のところに行って交渉する、というのはNGです。基本は弁護士に相談して解決してもらうことになるでしょう。このサイトでは過払い金問題を弁護士に相談するメリットや、依頼する弁護士の見極め方などについてお話しますからぜひ今後のために目を通してください。